アルカード赤羽でやっていた栃木の物産展・第4回うまかんべ祭りにT!Pを観に行って来ました。
 こちらのイベントは「駅中の有効活用と栃木県の物産販売・観光PR・地域芸能推進・地元アーテストの活躍の場をというテーマで取り組んでおります。」という事で赤羽駅のガード下にあるアルカード赤羽というショッピングセンター(?でいいのかな)のスペースを利用して定期的に行われているイベントらしいです。
 テーマの中に「地元アーテスト(引用元の原文ママ)の活躍の場を」というのが明記されている通り、栃木県を拠点に活動している方々のステージ自体がこのイベントのメインコンテンツの1つだったりします。

 T!Pが11時からの出番という事で10時55分位に到着。ステージ前に数列の椅子席があったのですが、まだ空きがあったので座る。こちらのイベントはステージの撮影が自由という事もあって最前列にはずらっとビデオカメラ、椅子列の後ろの方のベンチにはバズーカのようなレンズの高そうなカメラを抱えた皆さんが靴を脱いで上がってはりました。
 席について一息ついた所でMCのお兄さんが出てきてイベントスタート。軽くイベントの説明をしてすぐに最初の出番のT!Pを呼び込む。
 無言で出てきて縦に列を作り、アカペラで歌いだしたと思ったらすぐ歌うのを止める。?と思っていたらどうやら曲がすぐ流れないようで、ちょっとぐだぐだと戸惑ってから暫くそのまま。どうなるんやろう?と思っていたらMCのお兄さんが飛び出してきて急遽しばらくトーク。T!Pのメンバーは縦に並んだまま喋っていましたw

 やっと音が出そうだという事でようやくライブスタート。
 T!Pはアイカレのカバーとかやってるんですよ。ぬうべるばあぐとか歌ってました。
 MCの自己紹介。気になったのは「北関東の最終兵器」こと杉井美月ちゃん(=みいみい。中学3年生14歳)。その二つ名は伊達じゃなかった。明らかに一人だけ雰囲気違った。ってか気付いたらこの子ばっかり見てた。後からあいふぉん見たら写真もこの子ばっかり撮ってましたわ。
 特に歌や踊りが上手いわけでもないし、喋りも普通だし、顔は松井玲奈を若くしたような感じでそんなにびっくりするくらい可愛いって訳でもないんですが、ステージ見てると自然に目が行く。不思議な子ですね。
 30分位で1回目のステージ終了。生歌だったし、ギリギリに行っても席もあって近くでゆったり観れておまけに撮影自由だしでかなり楽しかったです。最前列にビデオカメラがずらっと並んでたのでこの日のライブの様子は多分そのうちYOUTUBEなどにアップされると思いますので興味のある方は探してみて下さい。
 T!Pの次に出てきたのは与一太鼓の皆さん。プログラムにも「太田市伝統芸能」と書かれているので地元の伝統芸能かな?と思っていたのですが、司会者の方から耳を疑うような情報が。「与一太鼓は、新しい伝承文化を作っていこうと平成5年に創作されました。」えぇ?!平成5年?めっちゃ最近やん!全然伝統あらへんw
 この与一太鼓は那須与一の物語を表現した5楽章からなる組曲だそうですが、これ、実は長野オリンピックの開会式とかでも「日本を代表する太鼓として」演奏されたそうです。…勝手に代表すなよw日本各地で伝統的な太鼓を頑張ってはる人が怒ってくるで!
 まぁそういう事を置いといても、世界の皆さんが見ているオリンピックの開会式という大きなステージで偽伝統芸能をやりますかね。まぁバリ島のケチャもドイツ人が現地に昔からあった舞踏を元に作ったモノだったりするらしいので似たようなもんか。でもなぁ。。。
 途中で飽きちゃったので一旦離脱。ゆるキャラくんがステージに向かっているのとすれ違いました。

 近所をブラブラしてから会場に戻ると、篠原宣義さんという宇都宮出身の歌手の方のステージだったんですが、この方のパフォーマンスがめっちゃ気になったので思わず動画撮影。




 楽曲はまぁ置いといて、ステージングが完全に藤井隆じゃないっすか?合間合間に入れる「あはは」みたいな表情とか物真似かと思うほど。ここまで似てるのは偶然じゃありえない。でもこの方が藤井隆フォロアーって訳じゃなさそうなんですよね。天然でやってるっぽい。もしかしたら『歌手・藤井隆』というキャラクターの元ネタがこの人なのかな?と思ったんですが違うかなぁ?

 歌っていたのはオリジナル曲の他、365歩のマーチや村下孝蔵の初恋などでした。ライブ告知が貼ってあったので撮影。

 篠原宣義氏のステージが終わった後、T!Pの2回目のステージ。
 最後の写真は顔写ってないけど北関東の秘密兵器ちゃんの大ジャンプですw
 2回目のステージは1回目にやった曲を逆にやっていくというセットリストでした。なかなか面白い試みです。
 帰宅してからT!Pのブログを読むと、今泉愛里ちゃんという子が夜勤の為、赤羽の2公演のみの出演で池袋の夜のライブは出れなかったと書いていた。
 夜勤?と思って検索してみると、何とこの子はT!Pとして活動する傍ら、正社員として工場で働いていて、女の子ながらヘルメットに軍手、作業服で夜勤も頑張ってるそうです。去年の秋に正社員4年目で職階は主任の下の下って書いてるから今は5年目かな。高卒で就職して辞めずに頑張って続けてるって感じですかね。
 このリンクしてある記事でも「ちなみに休憩なしの完徹です笑(完全徹夜)」と書きながら「このまま寝たい
ところなんですが..今から急いで用意して弟の体育祭に行ってきます」とか書いてる。頑張り屋さんどころでない感じで頑張ってる!エエ子や。
 なかなか大変そうな生活だけど、ある意味夢のある話でもあるなぁという気もする。普段は栃木の工場で女だてらに軍手&ヘルメットで夜勤も頑張る子が、お休みの日には東京に来たり地元のステージに立ってアイドルになってるんですよ!月に数度のシンデレラ。もしくはアイドル水戸黄門。
 トークのネタになりそうな生活だし、もっとMCの時などにも工場勤めを全面に出してトークしてもいいのにね。という事で愛里ちゃんの写真。北関東の秘密兵器ちゃんばっかり撮ってたから愛里ちゃん単体の写真無かった…


 T!Pも良かったし、篠原宣義さんというなかなか掘りがいのありそうな方も知れたし、町おこしの為の偽伝統芸能が日本を代表する太鼓としてオリンピックの開会式で演奏されたという衝撃の事実も知れたしwなかなか楽しいイベントでした。物産展がメインでステージがおまけみたいな感じかな?と思ってたのですが、蓋を開けてみれば物産展が思ってたよりすっげぇショボくて10店舗くらいしか来てなくてステージがメインだったという。


 それにしても篠原宣義さんは気になるな。ってかどうやら宇都宮芸能界というべきモノが存在する気がする。宇都宮周辺だけでもそこそこの人口が居るので、イベントやら何やらで結構食べていけるのかな?
 去年のクリスマスにテレビ埼玉で衝撃的な番組を見て以来、ロイ白川が仕切ってる謎の宇都宮演歌界も色々探ってるんですが(興味を持たれた方は当ブログのクリスマスの夜の奇跡!第14回全日本オールスター紅白歌合戦という記事も読んでみて下さい)、あまりネット上に情報が無いんですよね。細切れに出てくる情報だけでも結構面白いので本腰入れて調べたら楽しそうなんだけどそれには現場に行かないとあかんっぽい。とりあえず今年の年末にあるであろう第15回全日本オールスター紅白歌合戦の公開収録に何とか潜入出来ないかなぁ?行けるなら5000円の指定席買いますよ!