サムライシティ會津モニターツアーに行って来ました①はこちら。②はこちら。③はこちら。④はこちら

 お城から会津の中心部までぐるっと歩いた後は(歩いている途中で歩数計の数字が1万歩を超えたよ!とガイドさんが教えてくれました)喫茶店 會津壹番館でティータイム。と言いながらアイスコーヒー頼んじゃったんですけど。ティーじゃない。このお店は野口英世がが手の手術を受けた会陽医院だった建物を喫茶店として使っているというお店。でも、お客さんは観光客ばかりという訳でもなく、地元の人っぽいおっちゃんがモーニングを食べてはったりもしました。地元の人にも愛されるいいお店って事なんでしょうね。2階は資料館になっていて見学も出来ますよと言われたのですが、結構な距離を歩いた後で動きたくなかったので私は見に行かず休んでましたw

 続いて訪れたのは末廣酒造「嘉永蔵」酒蔵の見学です。
 お酒の造り方などをガイドして貰いました。昔はこちらの蔵で本格的にお酒を造っておられたそうですが、今はメインの蔵は別の場所にあるそうです。でも、ただの観光客用の施設という訳ではなく、個人の方が注文するオリジナルのお酒(蔵人体験”MY酒造り”)などはこちらで造られているとの事。引き出物に使うお酒をカップルで仕込みに来てそれを結婚式で配ったりするそうです。一つの樽で仕込んで1升瓶(1800ml)×約40本=total約120,000円または四合(720ml)×約100本=total約150,000円だそうで、思ってたより高くないですね。
 試飲コーナー。私は全然お酒飲めないんで見てただけだったんですが、10年物の貴重なお酒(熟成されてウイスキーみたいな綺麗な色になってる)も特別に出して下さったりしました。このおっちゃんがガイドして下さったんですが、この方も喋りが上手くてめっちゃ面白かったです。会津の人ってホンマ話上手ですね。
 お昼御飯は渋川問屋さんで頂きました。公式サイト見たら「大正浪漫 渋川問屋」と書いてあります。こちらのお店も昔ながらの建物をそのまま利用して営業されてます。なんかね!壁がすっごい綺麗な青色ば場所があるんですよ!これが大正モダンってヤツなんですかね。カッコいい!
 メニュー。会津の郷土料理中心!こづゆとかにしんとか。にしん旨いよにしん。渋川問屋さんは元々乾物の問屋さんだったって事もあって、にしんの料理に自信があるようですね。
 からり妓さん(からりこさんとも言うらしい。会津の芸者さん)キタァー!踊りを見ながら御飯を食べます。踊りの後はお話。料亭遊びや!この方もお喋りが上手で、色々なお話を聞けて楽しかったです。

 お昼御飯の後は、渋川問屋さんのすぐ近所にあるほしばん絵ろうそく店さんでろうそくの絵付体験。
 ツアー参加者に配られたうちわに書いてあったあかべぇ(会津の観光キャラクター)を書いちゃおうか、と誰からとも無く言い始めて何人かが書きましたが、アレ可愛く書くのめっちゃ難しいっすね。一番最後の写真は高河ゆん先生が絵付けしたろうそくです。苦戦してはりますねwでも、私のあかべぇ(下から2番目の写真の右端)はかなり禍々しい仕上がりになってしまっていますが、高河先生のは可愛いさが出てますな。
 絵付体験はお店の二階でやらせてもらったんですが、一階はお店になってて色々なろうそくが買えます。入口で9代目の方が実際にろうそくの製作をなさってたりもします。