サムライシティ會津モニターツアーに行って来ました①はこちら。②はこちら。③はこちら

 
 朝から温泉&バイキングを全力で決めた後はもちろん観光!ツアーはまだまだ続きます。
 まずは鶴ヶ城!ボランティアガイドの方に色々解説してもらいながら回りました。んでこのガイドさん凄い面白かった。
 石垣の石に空いてる穴。これ、適当なガイドさんだったら「戊辰戦争の時の鉄砲の痕ですよー」とか言っちゃうそうですが、実は、使われてる石が火山岩なので、その石が出来る過程で入った空気の泡だそうです。うん、確かに鉄砲の弾の痕にしては綺麗過ぎるもんな。
 今年出来たマスコットキャラクター、お城ボくん。
 天守閣からの眺め&今年完成した赤瓦を近くで鑑賞。お城の中で企画展などもやってたんですが写真撮影禁止だったので写真はないです。
 お茶室。
 鶴ヶ城で見かけた唯一の震災の爪痕。石垣って基本的にちゃんと角を作るモンらしいのですが、ここは後世になってから角を丸くしてたそうで、そしたら地震で崩れちゃったと。昔のままにしてた所は全然大丈夫だったそうですが後からいじった所だけ崩れたっていうのが興味深いですね。昔の人は崩れない方法を知っていてそれを実践してたのに後からいじくって駄目にしたっていう。
 でも、会津の街を歩いて思ったんですが、来る前に思ってたより地震で崩れたりしてる所なかったですよ。地盤がしっかりしている地域って事もあるんでしょうが、4月に水戸の駅の周りをウロウロした時は道とか酷い事になってたのに会津は綺麗なまま。崩れた所を修理したって感じでもなかったです。
 駆け足でお城を見て回った後は街中を案内して貰いました。
 昨日行った日新館があった場所。
 再来年の大河ドラマの主人公・新島八重の生誕地。もうめっちゃ普通の民家の前ですw特に子孫の方が住んでいる訳でもないとの事で、これ大河ドラマ始まって観光客の人が来始めたら家の人大変ですねー、という話をしてたら、こちらのお家は会津の歴史を調べてらっしゃる研究家の方が住んでおられるとの事で、覚悟は出来てるそうですw
 会津の街をウォーキング。めっちゃ向こうまで真っ直ぐな道だったので何気なくガイドさんにそう言ってみると、この道はお城まで石垣の材料を運んだ道だそうです。へー!何でも口に出して言ってみるもんですな。
 ガイドさんが面白いおっちゃんだったので色々お喋り。困るお客さんとか居ますか?と聞いたら色々な事を聞いといて反論してくる歴女の方とかいるそうですw歴史の話なんかは新しい資料が見つかったらこれまでの定説が覆るって事がよくあるので常に勉強してないといけないから大変。もしガイド中に質問されて分からない事があったら後で調べて手紙で回答したりもするそうです。ボランティアでやってらっしゃるのに大変ですな。