s2noライブドア支所

普段はtwitterに居ます。 http://twitter.com/s2no

2012年03月

えびすまつりvol.20【2012年3月13日】

 またまたえびすまつりに行って来ましたよ!何故か主催のスターサインプロのウェブサイトに開催情報が載らなくなってしまったせいで、出演しそうなグループのウェブサイトをチェックして開催されるかを調べるというややこしい事になってしまっているこのイベント。今回も色々な所からチョロチョロ出ている情報を元にDESEOに馳せ参じました。
 17時55分頃到着。DESEOの前に並んで待っている人が10人ほど。いつものように17時半開場18時開演と聞いていたので不思議に思いながらも皆さんと一緒に待つ。18時をしばらく過ぎた頃にお店の人が表に看板を出し、開場。
 この写真では見難いですが小さくパステル☆ジョーカーのレコ発って書いてあります。
 入場。入口で渡されたチケットを見ると18時開場18時半開演って書いてある!多分18時前から並んでた皆さんも私も17時半開場18時開演という情報を見てたのであの時間に来てたんだと思うんですが、正式にはこの時間だったみたいです。。。

 ロビーでダラダラiphone弄ってたらフロアの方から「始まりましたよー」の声。18時半の少し前に始まっちゃいました。慌てて中に入る。その時点でお客さんは10人位かな?パステル☆ジョーカーのメンバーの2人がオープニングMCを務めていました。

 1組目はJumily。フリフリ衣装の2人組。1曲目はオリジナル曲(だと言っていた)のバラード。告知MCを挟んで2曲目は魔法少女という曲だったのですが、曲名の割には萌え感が全く無い歌謡曲チックな曲だったのでびっくりしましたw

 2組目は拳銃少女。1曲目映画凶時代(オリジナル曲)、2曲目は映画リングの主題歌のカバーでfeels like`HEAVEN'、3曲目は幸福の黄色いアレ(オリジナル曲)。
 自己紹介コーナーはウェブサイトに載ってる嘘ばっかりのプロフィールのさわりの部分に当たるメンバーが1000人居るなどをさらっと紹介。
 生歌なのはいいけど結構難しい曲に挑戦している為、かなり苦戦している。皆さん「来ーるー きっと来るー」の部分しか知らないと思うんですが、feels like`HEAVEN'って後半は結構普通のポップス(だけど結構イイキョク!)なんですが、すっげぇリズム取るの難しい曲なんですよ!原曲の動画貼っときます。


 3組目はANNA☆S。この日はゆうな、あんな、すずかの3人しか出てなかったんですが、ANNA☆Sってもうちょっと人数いませんでしたっけ?衣装はへそだしピッタリめのエロセーラー服。何というか、メンバー全員USA☆USA顔ですねw
 全部で4曲歌唱。途中のMCでは物販の宣伝など。物販写真は100円。ボスが業界最安値だと言っているらしい。シングルは1000円だけどDVDかリストバンド付き。このリストバンドは300円で販売もしている。…と本当に安い。3月17日のイベントであんなのソロシングルを発売するので買って下さい、みたいな事も言ってました。

 4組目は魔女っこ。1曲目ねっちょりベイベー。歌い終わって告知。19日発売のFLASHにグラビアが載ります!25日に撮影会があります!などグラビア系の仕事が多い模様。2曲目ぐちょぐちょダーリンを歌って終了。

 5組目は徳弘三弓(Survive-ZERO)がソロで登場。1曲目はバラード。歌い終わってMC。「何でそんなにみんな元気ないのー?」とか言ってました。今回のトークテーマは高知県の春の食べ物について。徳弘さんは高知県出身だそうで、裏山の筍は早く取らないと猪に食べられる、みたいな話をされてました。話し終わって「MCとは全然関係ない感じです」と2曲目を歌い出す。2曲目も静かな感じ。「最後の曲は会場全部で盛り上がって下さい!」と散り行く恋桜を歌って終了。
 6組目は星野瑞映(choice?)。また1曲目はバラード。「MCは苦手なんですが最後まで聞いて下さい」と前置きしてから読書について語る。夏目漱石のこころを読んでいるが、解らない漢字は飛ばす。ドロドロした話なんですよ!と言ってはいるが、まだ20ページくらいしか読んでないらしいw友達に内容を聞いたから内容は知ってるのです!早くドロドロしたシーンに行かないかな?と思いながら読んでます!という話をしてました。
 次はアップテンポな曲を歌ってました。なかなかイイキョク!
 このフィノリア2組、そんなに悪くはないのですが、フィノリアファンしかライブ見てない感じなんですよね。何でやろ。お客さんの入れ替わりはどんなグループもあるもんなんですが、それが激しいんすよね。

 7組目はお掃除ユニット「CLEAR'S」。チアガール風の衣装。1曲目の曲調もそんな感じ。歌詞の内容はお掃除について。腰に挟んでる雑巾を客席に投げながらのライブw
 MCでは雑巾投げても誰も拾ってくれないという悲しい話。衣装は今日からの新衣装だったそうです。「今ステージに立っていないメンバーがデザインしたんですよ。…この子です!」と客席最前で踊っていた女性を指す。女ヲタかと思ったら元メンバーだったようです。最後の曲を歌っている時、その客席に居た新衣装を作った元メンバーの女の子は何故かちょっと泣いちゃってました。

 8組目はSplash!。前にも書いた気がしますが、同じ名前のアイドルユニットが仙台やら広島やらでも活動しているようですが今回見たのはロック系ダンスボーカルユニットSplash!です。
 曲がアゲアゲだっていうのもあって前の方はかなりの盛り上がり。最後の曲なんかは低音がドゥンドゥン効いてて気持ちよかったです。

 9組目はチケットや告知などではDokiDoki☆ドリームキャンパス(菜月アイル・森谷まりん・末永みゆ)となってましたが自己紹介では「Toki☆Dokiでーす!」と言ってました。Toki☆DokiというのはDokiDoki☆ドリームキャンパスのメンバー、森谷まりん、菜月アイル、末永みゆからなる3月~5月期間限定スピンオフユニットで4月2日にこの3人でデビューシングル「Shooting☆tar」を発売します。
 黒の結構お金かかってそうな立派な衣装。カッコイイ系。実はこの衣装のまま3人揃って客席でSplash!のライブ見てはりました。
 1曲目止マレ!、2曲目yes,Do it!、自己紹介MC挟んで3曲目教室サバイバル、4曲目キャラメル★ハートで終了。あのね!ライブめっちゃ良かったんですよ!マジすっげぇ良くてびっくりした。メンバーがごっそり抜けたりマネージメントが変わったりとゴタゴタしてたので正直ちょっと心配してたんですが、お客さんも熱いし3人でこれだけのライブが出来るならまだまだ全然イケますよ。ライブ見てジーンと来ました。良過ぎてちょっと泣きそうになったもん。やっぱ楽曲も力あるし、ええグループですよ。新メンバー入れてしっかりした体勢がとれるまでToki☆Dokiで頑張ろうという事なんでしょうが、このユニットいいっすよ!

 10組目KNU。最初KNU23だったのがKNUになったって聞いたのですが、たまにKNU23に戻ったりしてて正式にはどうなのかいまひとつ解らないグループですwセクオライブにちょくちょく出てたのでライブは何回か見てますが見る度に人数減って行ってるような。。。
 一人ひとりデザインが違うスマイルマークの大きめのTシャツ衣装。…これじゃおっぱいが目立たないじゃないっすか!「目線も谷間もばっちりで」とか歌うならこういう衣装じゃダメ!ぴったりしたTシャツ着なさい!もしくは腰の所できゅっと結んでぴっちりさせなさい!普段18人で活動しているそうですが、今日は12人のみで登場。それでも結構な大人数ですね。

 11組目CANDY-GO!GO!。KNUが終わってからお客さんが入れ替わった…というか結構減った。キャンディTシャツを着た人が集まっては来たがそれ以外の人がごそっと外に出た印象。ここもフィノリアみたいにヲタしか見てない系ですね。
 最初の方に結構勢いのある曲をやったので、ヲタは盛り上がっていたけどそれ以外の人はその盛り上がりに入っていなくて人が減っていった感じ。もうイベントが終わりかけで時間が遅かったってのもあって帰っちゃう人が結構いたのです。最後の2曲は聴かせる感じのなかなかの良曲だったのでこっちから始めていれば外に出て行くお客さんの数を減らせたのではないかなぁ?という気がします。

 この日のトリはパステル☆ジョーカー。今まで「このライブで○○ちゃんが卒業します」など悲しいお知らせが多かったライブ開始前のヲタ口上ですが、今回は「新曲・新衣装が初披露、新曲はハンドマイクによる生歌となっております」という喜ばしい内容でした。
 1曲目は新曲のBELIEVE。口上通り普段は使わないハンドマイクを使っていました。ハンドマイクを使ってライブをするP☆Jを見て思ったのですが、今までのP☆Jの両手を使ったダンスってやってる所あんまりないっすね。あの両手を使ったダンスパフォーマンスがP☆Jの個性になってたんだなぁという事にハンドマイクの新曲を見て気付きました。
 衣装はかなりの乳寄せ衣装wしっかり作ってあります。自己紹介MC。今日はメンバー7人での登場でした。
 2曲目からはハンドマイクを使わず、いつものようなガムテどめのダミーマイクもなしのライブ。やっぱP☆Jは両手使った方がいいよ!夏女神☆ Summer、明日への翼の2曲を歌った後に告知MC。Uneasy ~ふたりの未来~を歌った後に明日はホワイトデーだという事でお菓子を客席に撒く。私も1つキャッチしました。
 5曲目はもう一つの新曲、I wish...。バラード曲です。一番最後にもう1度最初に歌った新曲、BELIEVEを歌ってライブ終了。

 今回のえびすまつりも内容充実で楽しかった!開演時にはお客さんが10人くらいしかいなくてどうしようかと思いましたが時間が経つにつれ段々お客さんが増えていって良かったです。次回のえびすまつりは3月21日!DESEOのスケジュール見たら17時開場17時半開演になってますがこれで正しいのでしょうか…?
3/21(WED)
アイドルイベントえびすまつりvol.21
パステル☆ジョーカー/魔女っこ/お掃除ユニット「CLEAR'S」/NANTOKA☆KANTOKA/
CANDY-GO!GO!/Splash!/@らぶ/拳銃少女/小山留生/mocomoco/浜田由梨/asfi/藤倉美咲/
上原真央(choice?)/ねがいごと/パワースポット/panapp/多国籍軍/ハイ☆テンション
Open/Start:17:00/17:30
Ticket:adv 3,000YEN/door 3,500YEN/学生 2,000YEN(学生証提示)/女性客 ドリンク代のみ




 この日の晩御飯。ラーメン凪煮干王渋谷店の煮干しラーメン680円とライス50円。お店に入った途端に煮干の匂いが!豚骨ラーメンのお店の豚骨臭みたいな感じで煮干の匂いするんすよ。びっくりしました。
 ライスは50円払えばセルフサービスで食べ放題。新興店だけあって店員さんの対応もしっかりしています。食券を渡したらそんなに待たずに出てきました。
 凪名物の幅広麺、一反も麺が入った濃厚煮干スープのラーメン。煮干の苦味が嫌みなく出ていて面白いスープです。かなり濃厚なスープで出てきた時点でちょっと膜が張っていました。それ位濃厚なのですが、やっぱ煮干しのスープなのでそんなにライスをガンガン食べる感じではないですわなw

『監督失格』×ポレポレ東中野企画【性と死と旅】第一夜【センチメンタルジャーニー】

 ポレポレ東中野のオールナイトを見に行って来ました。
『監督失格』×ポレポレ東中野企画【性と死と旅】

「性と死と旅」プログラムにあたって掲げたコンセプトですが、それは映画製作者として常に気になる主題でもあります。
今回選び抜いた作品は、同業者として嫉妬を覚えるぐらい見事にこの主題を突破し、さらにエンタテインメントへと昇華しています。
アダルトビデオ業界が生んだ希有な映像作家たちの、渾身の一作をどうぞご堪能ください――『監督失格』製作 甘木モリオ
★第一夜【センチメンタルジャーニー】
開催日時 : 3/10(土) 開場23:15/開映23:30(終了5:30)
■スペシャルトーク!
 甘木モリオ(『監督失格』製作者)
 直井卓俊(『あんにょん由美香』プロデューサー)
■上映作品
『あんにょん由美香』 演出・構成:松江哲明
『劇場版 私を女優にして下さいAGAIN11』監督:カンパニー松尾
『わくわく不倫講座 楽しい不倫のススメ』 監督:平野勝之
★第二夜【北海道自転車3部作一挙上映】
開催日時 :  3/17(土) 開場23:15 開映23:30(終了6:00)
■平野勝之監督の舞台挨拶あり!
■上映作品
『由美香』 監督:平野勝之
『流れ者図鑑』 監督:平野勝之
『白 THE WHITE』 監督:平野勝之  

 私を女優にして下さいAGAIN11の劇場版ですって?!更に去年の11月に渋谷のアップリンクでやってた『監督失格』公開記念平野勝之監督特集で上映されたんですが見にいけなかった『わくわく不倫講座 楽しい不倫のススメ』もやるのか!『わくわく不倫講座 楽しい不倫のススメ』は前日の東良美季氏とカンパニー松尾監督のトークショーで松尾監督が「面白いから見に行け」というような事をおっしゃっておられたけど見に行けなかったので気になってたのですよ。これは絶対行かないと!って事で行って来ました。

 って訳で当日。夕方に外出先から家に戻り、時間があったのでベッドでゴロゴロしてたら寝てしまう。ふっと目覚めて時計を見たら22:50。…ぎゃあ!寝過ごした!慌てて飛び起きて10分で家を出て自転車で東中野へ。この時間だと電車の本数が少なくなってるので電車で行くより早いと判断して自転車で行ったのですが、どうやらその判断は正しかったようで23:25頃に無事ポレポレ東中野に到着しました。
 ロビー付近にも結構お客さんが居て、中に入ってもかなり客席埋まっていました。女性のお客さんもそこそこの割合居ました。やっぱ監督失格関係のイベは強いね!そんな中、客席で一緒に見る約束をした子と無事合流し、挨拶などをしているとすぐに甘木モリオ氏と直井卓俊氏のトークショーが始まりました。

 甘木モリオ氏、お名前聞いただけではピンと来なかったのですが、去年の10月1日に東放学園映画専門学校で行われた わくわくドキュメンタリスト養成講座 平野勝之×カンパニー松尾というイベントでも司会というか進行というか、そういう役目をしておられた方でした。
 わくわくドキュメンタリスト養成講座、私も見に行ってたんですが、結構しっかりしたカメラでイベントの模様を収録していて、DVDになる時に特典映像として収録される、みたいな事をその時に告知されていたのでトークショーの内容をブログにするのを控えていたのです。でも、3月23日に発売される特典DVD付きの収録内容見てもその日のトークショーの映像は入っていないっぽいです。一応その場で取ったメモは残してあるんですが、なかなか面白いお話を色々されてたのでそのうち何かの特典映像として収録されるのを待っております。

 トークショーの内容は結構ライトな感じ。『私を女優にして下さいAGAIN11』のタイトルを『私を女優にして下さい11AGAIN』と2人して勘違いしていた挙句、「AGAINって何でしょうね?」とか言ってはりました。
 HMJMマジヲタの私が解説致しますと、この『私を女優にして下さい』は松尾監督がV&Rに居た1991年7月から始まった松尾監督のライフワークとも言えるシリーズです。松尾監督がV&Rを辞めてHMJMを立ち上げた後もV&Rに話をつけて『私を女優にして下さい』というタイトルとこのシリーズの主題歌をHMJMで使わせて貰えるようにして今でもずっと続いています。V&Rから出ている作品が『私を女優にして下さい○(○には何作目かを示す数字が入ります)』、HMJMから出ている作品が『私を女優にして下さいAGAIN○』というタイトルになっています。だから、このAGAINが付いてる作品はHMJMから出てるシリーズですよって事を表してます。
 HMJMになってからは半年に1回位のペースでリリースされていた私を女優にして下さいシリーズですが、今回上映された11の後は出てませんでしたが、4月28日に私を女優にして下さい AGAIN 12 聖蹟桜ヶ丘・赤坂・本厚木 トラウマ復活売却編が発売されますよ!11が発売されたのが2011年4月ですからちょうど1年ぶり!松尾監督がヘルニアになってAV監督生命の危機に陥った様子が描かれている10から今回劇場版まで作られる事になった11がすっごい内容だったのでもしかしてこれでこのシリーズ一段落しちゃうのではないかとドキドキしてたので4月のラインナップが発表された時にほっとしました。
 トークショーの後半、来場されていた平野監督も壇上に上がってトーク。わくわく不倫講座にも登場する井口昇も今日池袋の新文芸坐でオールナイトをやってる、ウンコ野郎の癖に生意気だ、あいつは田舎から出てきたばっかりみたいな女に下剤を飲ませて×××みたいなのが好きだ、みたいなユルい話をしてはりました。…せっかくのトークショーなのにこんな話で良かったんですかねw面白かったですけど。



 1本目『あんにょん由美香』。林由美香さんの追悼トークショー@ロフトプラスワンで存在が確認された謎の日韓合作Vシネマ『東京の人妻 純子』と林由美香について松江哲明監督が色々調べていく、という内容の映画…という説明でいいのかな?
 出来上がった作品は『東京の人妻 純子』が話のメインになってますが、林由美香のピンク映画の代表作『たまもの』のロケ地・銚子をいまおかしんじ監督&共演者の華沢レモンさんと一緒に巡るシーンや、AVの代表作『東京~礼文島 41日間自転車ツーリングドキュメント わくわく不倫旅行 200発もやっちゃった!』で自転車旅行した北海道を平野監督と自転車で同じ道を旅行するシーンなどもあるので、もしかしたら最初は『東京の人妻 純子』をメインにした話にするつもりじゃなく、普通に由美香さんの代表作について色々描くつもりだったかったのかな?という気もします。それだとひっかかりが無さ過ぎるので『東京の人妻 純子』をメインに構成してみたらまとまったからこうなった、みたいな風に私には観えました。
 カン松信者としては『硬式ペナス』のロケ地を松尾監督と一緒に巡るシーンが興味深かったです。『硬式ペナス』は今年の2月に発売されたアダルトビデオ30周年企画・AV30シリーズのカンパニー松尾8時間の一番最初に収録されてて、最近見たばっかりだったので「おぉあの線路やん!」とかそういうのもあって超楽しかったのです。あそこに聖地巡礼行きたいな。由美香さんが食べたカレーというのを松江監督と松尾監督が食べてはったんですがめっちゃ美味しそうやった。でも銚子とか北海道はちゃんと作中で場所の名前も言ってたんだけど、硬式ペナスのロケ地はどこだって明確には言ってなかったような…これじゃ聖地巡礼出来ないじゃん!って事であのロケ地がどこだったのかご存知の方は教えて下さい。
 あと、あんにょん由美香の中で由美香さんの生い立ちについて説明するシーンもあるんですが、その中で『板橋第5中学校を卒業』という文字が出てきて「へぇー。やっぱ板橋なんや。お墓もお葬式も板橋やしなぁ」と思ってたら我が家のすぐ近所の中学校が板橋5中だった事に帰宅途中に気付いてすっげぇびっくりしました。オールナイトを見終わって帰る時、家の近所の交差点の信号をふっと見たら板橋第5中学前って書いてあってマジでひっくり返りそうになった。お葬式をすぐ近所の新板橋ホールでやってたのは知ってた(というか当日も前を通りがかかった)けどここの中学校通ってたって事は育ったのもすぐ近所やったのですね。
 このようなカン松信者心をくすぐるシーンやご近所エピソードをのぞいても、なかなか面白い映画でした。事前に思ってたより見やすくて楽しかった。ただ、最初馬鹿にするような感じで取り上げられてた『東京の人妻 純子』がいつの間にか重要な映画みたいな扱いになって、ラストに韓国から関係者を連れてきてああいう事をやる(映画の核心に触れる事柄なのでボカしてます)流れになっていくのには違和感を感じましたが。


 2本目『劇場版 私を女優にして下さいAGAIN11』。DVD版がとんでもない作品で、その劇場版という事で期待しまくってたのですが…なんかねぇ!納得行かない事になってましたよ!
 いや、悪くはないです。松尾監督がお父さんを看取る所を描いたドキュメント映画としてはちゃんとした作品になっています。一緒に行った子もめっちゃ泣いてたし。
 でも、劇場で上映する事を意識してかエロシーンを大幅に削っている為『物凄く実用性のあるアダルトビデオなのに監督の実の父親の介護から息を引き取る所までをしっかり描いている』というこの作品のとんでもない所が薄れてしまっているのです。これがもう本当に残念で残念で。
 レオンの完全版(ディレクターズカット)ってあるじゃないっすか。あれ、マチルダとレオンのラブシーンがあるんすよ。それって何かすっげぇ「台無しやん!」って感じしません?あの2人って絶対そういう事してたらダメじゃないっすか。そういう事がないっていう事を表す為にマチルダはあの年齢なんかと思ってたけどそうじゃないの?みたいな。そのシーンが入った事で映画の意味合い自体が変わってしまって残念な事になっちゃってる。
 エロシーンを削って『実用的なアダルトビデオである』という部分を無くしてしまったせいで、作品の意味合いが変わっちゃってるんですよ。とんでもない作品だったのが結構普通のドキュメント映画になってしまってて悲しいです。
 こういう方向で劇場版にする位ならエロシーン全部カットの全年齢対応劇場版で良かったんちゃうかなぁ。インタビューシーンのエロい部分を残す事でAV監督としての仕事をしているって部分は描けるし。何で中途半端にエロシーン残したんやろう。劇場でエロシーン流れたら笑う奴がおるのも腹立つねんなぁ。ああいう場でみんなで思いっきりAVの場面観てるという状況が面白いのは解るけど。もしくは松尾監督の喋りをメインに見て笑ってるのかも知らんけど。
 この作品は多分松尾監督の代表作として扱われるだろうし、今後も同じように劇場で上映される事がありそうな気がします。その際はDVD版をそのまま上映して欲しい。もしくは再編集して新劇場版にして上映して欲しい。とりあえず今回上映された劇場版は闇に葬って欲しいです。
 同じように劇場でかかった松尾監督の作品としては豊田道倫映像集3がありますが、こちらの作品は最初に上映された新宿Poo版とmoosic LAB Version-、そして地方上映版と編集が変わっていたので、多分次に私を女優にして下さいAGAIN11が上映される事になったら編集を変えはるとは思うのですが、その際には是非『普通のドキュメント映画』ではない作品になるような編集をお願いしたいです。って事でこれを読んでる皆さんはDVD版を買いましょう!
 でも私が納得してないだけで同じイベントを見に行っていたベボベの小出くんもやばかったって書いてたし、さっきも書いたけど一緒に行った子は泣きまくってたし、悪い出来ではないのです。私がDVD版に思い入れがあり過ぎるだけなのかも。
 DVD版は見終わった後にマジで「この作品で松尾監督は死んだらカンパニー松尾記念館が建つレベルの監督になった!」と思いましたもん。谷崎潤一郎とかそういうランクの人物になったと。今でこそ谷崎言うたら文豪や何や言われてますが、現役時代はエロ小説書いて稼いでるおっさんみたいな扱いやったらしいっすからね。何十年後かに松尾監督の研究をする学者さんの為に書いときますけどHMJMのウェブサイトに載ってるカンパニー松尾監督の作品リストはあくまでも松尾監督が監督した作品しか載ってないぞ!ハメ撮りのみならタートル今田監督や梁井一監督の作品にも結構出てくるぞ!特にタートル今田監督の卑猥なGカップ ありさとかは松尾監督のお気に入りの女優だったありささんだって事でまたやりたいと松尾監督がインタビューシーンに出てくる所などもあったりするので観といたほうがいいぞ!


 3本目『わくわく不倫講座 楽しい不倫のススメ』。最初のトークショーで平野監督が「今まで自分が作った作品の中でもかなり自信のある方に位置する作品だ」という様な事をおっしゃっていたAVでの代表作の1つ。平野監督が奥さんと結婚する事になったのとほぼ同時期に付き合っていたAV女優・志方まみさんとのラブラブな様子と同時に奥さんとのラブラブな様子も描かれている前半のドキュメント部分から、志方まみさんと別れ、彼女との十年後、二十年後を別の女優さんや井口昇監督に演じさせるフィクション部分にずるっと入っていくという構成の作品です。ノンフィクションだったのが暴走していって思いも寄らないエンディングに至るポストダイレクトシネマ。
 前半部分は志方まみさんの家などでイチャイチャしている場面がメインなんですが、その合間に入っているシーン見たら奥さんともすっごいラブラブなんですよ。おまけに結婚披露宴会みたいなのに志方まみさん出席させたりしてんの。ひっでぇwおまけに志方さんに振られた時に奥さんにその事相談したりしてるし。平野監督、客席に普通に居てはりましたが、見終わった後に女性客から石投げられても文句言えないっすよ!浮気してる男性ってあんなに奥さんとも浮気相手とも無邪気にラブラブ出来るもんなんだという部分は非常に勉強になりました。
 フィクション部分、二十年後の志方さんを井口昇監督が女装してコント的な感じで演じるのですが、おっさん二人でおしっこの飲ませあいをしたりという酷い場面もwこの他にも平野監督が自分に罰を与えるという事で男性のおちんちんをしゃぶったりする場面もあるんですが、昔のAVってこういうエロと関係のないというよりエロい気持ちが萎えるようなひっどい場面もバンバン入ってて豪華ですね。今はエロい部分ばっかりを繋いだようなヌキをメインに考えた作品ばっかりだ!というような文句を言ってる古くからのAVユーザーさんの声をよく聞きますが、エロいビデオを見ようと思ってわくわく不倫講座みたいな作品を手にした人はさぞがっかりするだろうと思うのでヌキメインの作品ばかりの今の方が正常だと思いますw

 色々書きましたが私を女優にして下さいAGAIN11はDVD版の方が凄すぎただけで劇場版も内容は良かったし、あんにょん由美香は思ってたより面白かったし、わくわく不倫講座は無茶苦茶やったしで内容充実しまくりのオールナイトでした。来週は平野監督3本立て!おまけに平野監督本人が監督失格のDVDのフライング手売りもするらしいよ!その場で1本売る毎に平野監督にもいくらか入るって!平野監督を儲けさせたい方は監督から直接買いましょう。





 この日の朝ご飯。桂花ラーメン新宿ふぁんてんの朝限定ふぁんてん丼500円。朝限定メニューなのに太肉にマヨネーズを掛けた丼モノ(結構しっかりした大きさの丼にご飯いっぱい)を出す方もどうかと思うけどそれをスープまで残さずたいらげる私もどうかと思うよ!…はい、めっちゃ美味しかったです。桂花のスープのみを頂けるのも嬉しいメニュー。桂花って昔からあるチェーン店だからラヲタには下に見られがちだけど結構美味しいよね。メニューも全体的に安めだしさ。細麺桂花だと500円っすよ。細麺桂花と半チャーハンのセットも800円だし。良いお店だよね。
記事検索
ギャラリー
  • えびすまつりvol.45【2012年9月19日】
  • えびすまつりvol.45【2012年9月19日】
  • えびすまつりvol.45【2012年9月19日】
  • えびすまつりvol.45【2012年9月19日】
  • 東京拘置所矯正展 ~「まち」とともに~【2012年9月8日】
  • 東京拘置所矯正展 ~「まち」とともに~【2012年9月8日】
  • ライブドアブログ