AKBN0が代々木公園野外ステージで無料握手会付きのフリーライブ「AKBN0サードライブ 早くも聖地に戻ってきました!CDデビューまであと少し!!1期生号泣!!!メンバーに関する大切なお知らせ連発スペシャル(今年の紅白には出ないので解散コンサートではありません)」を行うというので行ってきた。N0のライブのタイトルは毎回とても長い。ブログのタイトル欄に入力したら「タイトルが長すぎます」というエラーが出た。

 同じ週の祝日(火曜日)、ももいろクローバーが同じ会場で同じく無料握手会付きのフリーライブを行い、マスコミ発表で3000人(だか実際行った人の話によるとせいぜい7~800人)の観客を集めたそうだ。
 アイドル戦国時代のトップを走るももクロと、活動を開始してから3ヶ月、まだオリジナル曲もなくAKB48やハロプロの曲を見よう見真似で踊っているだけのN0でどれだけ集客その他で差があるのか楽しみだった。

 会場の周りではフリーマーケットが行われていて、老若男女さまざまな人が集まっていた。
 野外ステージの入口っぽいゲートにはスケッチブックに手書きで書かれ、適当にテープで貼られた案内があったがもうちょっと丁寧に貼った方がええんちゃうやろか。

 ステージの両脇にはクライアント(N0ではファンの事をクライアントと呼ぶ)から贈られた当日が誕生日のまニャを祝う花が置かれていたが、それ以外には舞台上方にAKBN0のイベントの時にいつも出ている看板みたいなのがぶら下がっているだけだった。


 客はほとんどがいわゆるピンチケ。先日行われたAKB48の幕張握手会でチラシを配っていたらしく、そのチラシを見てきたらしき客が多いっぽい。本番前は若干がらんとした感じだったがライブが始まると一般の人が寄ってきたり遅れてきたピンチケも沢山居たので最終的には4~500人は集まっていた。

 ライブはAKB曲中心。出てきて最初の曲は会いたかった。その後に自己紹介タイム。結構人数がいるので時間がかかった。続いて大声ダイヤモンド→スカひらとAKB曲が続いた後にアイドリング!の職業アイドル。それまでのAKB曲はなかなか盛り上がっていたのだが、どうやら客がアイドリング!の曲を知らないらしく、いきなりなんだかふわふわした感じになってしまった。
 アイドリング!を歌い終わると一期生がはけ、二期生だけが残ってMC。渡り廊下走り隊の完璧ぐーのねとギュッを歌った。
 2期生コーナーの後はまニャ誕生日会。メンバーにお祝いの言葉や色紙を貰った後に「クライアント様でまニャ宛てにプレゼントを持ってこられた方はいらっしゃいますか?」とアナウンスが入り、何人かが舞台の下から花束やプレゼントを手渡していた。…アナウンスしてプレゼント回収するって何か生々しいというかえげつないというか…。
 お誕生日コーナーの次は東京出身者2名と栃木出身者1名の『チームT』のコーナー。AKBのハート型ウイルスを歌った後に「チームTと同じ3人組のグループの歌です!」と言ってBuono!のKiss!Kiss!Kiss!を歌い出した。
 Buono!が始まった途端に元気になり飛び跳ね始めた数人のハロヲタらしきおっさんがいたのだが、その中に茶人みたいな和服を着た人がいた。ハロの現場であんな和服の人見た記憶がないねんけど後方で和服のままエライ勢いで跳ねてた。それに対してどうやらBuono!の曲を知らないらしくあまり盛り上がらないピンチケ達。AKB曲の時はちゃんとコールしてやがるのに…
 
 Buono!で微妙になった空気を引きずったまま一期生のズッキー引退式。『AKBN0の象徴・ピンクのネクタイ』返還の儀式が行われていたが受け取る側の社長?がなんかぶっきらぼうだったりとよく解らんグダグダな感じ。

 一期生達は全員号泣。だが二期生はまだそんなに接点がなかったのか端に追いやられて特に泣く事もなく手持ち無沙汰な感じだった。客もまだメンバーに思い入れがないらしく二期生と同様どうしていいか解らない感じで早売りのジャンプを読んでるピンチケなどもいた。
[舞台上で泣きながら別れの言葉を述べるメンバーに対しジャンプを読む客。]


  公式には体調不良で引退という事になっていたはずだが「これから他の方法で頑張る」などと述べるズッキー。社長?らしき人も「ヤフオクの落札金額の歴代No1がズッキー。この記録はこれから先もなかなか破られないだろう、絶対世に出てくる子のはずだからみんな応援して欲しい」という様な事を言っていた。

 引退式が終わったらズッキーがはけて、全員でMAJIで恋する5秒前を歌い、その後これからオーディションの最終審査に挑む2人の4期生のお披露目。1人は現在帝京大学3年生で以前別のアイドルグループ(グループ名など細かい情報も言っていた気がするがよく聞こえなかった)に居たが大人の事情で解散したらしい。なかなか可愛い子だった。

 4期生は挨拶だけですぐにはけ、ちょっとMC。「最後はモーニング娘。さんの曲です!何だと思いますか?」という舞台上からの問いかけに数人のおっさんが「みかん!」などと言っていた。…確かに最後にみかん来たらめっちゃ盛り上がるし楽しいやろうけど何でよりによって歴代で一番売れなかったシングルの名前出すねん…多分N0メンみかん知らんで。もちろんみかんなど歌うはずもなく、ラブマシーンを歌っていた。

 いったん舞台を降りた後、メンバーが再登場。最後の最後にAKBN0のテーマソング、アイドルバカ一代を歌うのだが、空手経験のある1人のメンバーが空手着姿で登場し、空手の型を披露した後、板を一枚ぶち割るというパフォーマンスを披露した後、客もメンバーも手にバナナを持ってそれを振りながらこの曲を歌うのだ。
 それまではただのアイドルソングカラオケ大会だったのだが、このAKBN0のオリジナルパフォーマンス部分だけはなかなかインパクトのある馬鹿馬鹿しいステージを繰り広げていたのでこの先持ち歌が増えていくにつれてなかなか面白い事になっていくのではないかと期待が持てる終わり方だった。
 ライブ終了後に無料の握手会もあったのだが、トイレに行って戻ってくるとステージから客席の周りをぐるっと回って更にまた折り返すという大行列が出来上がっていたので握手はせずに帰った。
[アイドルバカ一代を歌う前に空手の型を披露し、板をぶち割ったメンバーは空手着を着たまま握手会を敢行。明らかに一人だけ浮いている。そして空手着を着てはいるが、靴だけはみんなとお揃いのローファーを履いている。]


 フリーライブにしては無料握手会があったり(っていうか会場自体が物品販売や有料イベントを認めていない所なのでフリーにせざるを得ないんだけど)、誕生会や引退式があったりと内容も充実してたしライブ自体もなかなか楽しかった。っていうかオーディション受かって数ヶ月でレッスンも満足に受けてない子達がちゃんとその場で歌いながら踊ってるのでAKBやももクロより評価されてもええと思う。
 実際の集客で考えると今回のライブの数日前に同条件で行われたももクロの半分以上の客を集めている訳だし大健闘だったのでは。っていうかアイドル戦国時代の最下層、色物扱いのN0でさえこれだけの客が集められる会場であの程度の集客しか出来ないももクロはちょっとマズいのではないだろうか。